忍者ブログ

残り香

ゴンキルってのはうそだろー(笑)



夜が、本当に深いんだ。

どこまで行っても終わりそうにない。


この国のやつらは俺みたいな外見したガキがおかしいくらい好きで、50メートルごとに話しかけてくる。振り払うのも面倒だから、薄く笑ってとりあえずかわす。

でもだんだん飽きて疲れてきて、ぼんやり見上げた先に黒い目、笑顔、刈りそろえた黒髪。
年あんま変わらない。外見悪くない。
この辺で、ついていってもいいかって思った。


惹かれたのは、ふと気配に漂った煙草の残り香。
普段は誰にでも外で吸えよなんて言うくせに、こういうときだけは別。




顔を埋めた首筋に口づけ目を閉じる。
夜が更に深くなる。


一瞬、ほの暗い闇、記憶の底、
誰かの顔が浮かんで消えた。



全てから遠い夜、お前が一生たどり着けないような場所で、今日もこうして生きてる。

PR