忍者ブログ

Survive

まあ、こういう設定のもありますよという程度に…

———————

Survive



ごめんね、僕は生き延びるよ。

彼にいった。

あんたを犠牲にして、生き延びてみせるよ。


追いつめられてもう逃げられない。

描いたシナリオは賞金首を持っていって、自首。
死刑は免れるかな。

彼は答えなかった。ああ、どのみちこの状態じゃ、もう答えられないか。
身体は半分ちぎれてて、肺に穴が空いて、喉もつぶされ、呼吸のたびにひゅーひゅー音を立ててる。
目だけが生きてて、僕をみてる。
さすがだな、すごい生命力。

でもそれももうじき、終わるね。




ねぇ、覚えてる?
拷問部屋。

二人で苛んで殺した人間は何人いたかな。

最後はいつだっけ。
四日前だ。
でももう随分昔な気がする。

悪趣味だったね。

男も女も、年寄りも子供も見境なかったよね、あんた。

今、どんな気持ち…?




扇が一閃、
胴体から首が離れ転がる。
ずたずたの体は、服に石を詰め河に落とした。
せめてもの慈悲。
生ゴミみたいに回収されるよりは魚達の胃袋に。


波紋が広がって、消えて、
生首と一人、向き合う。
伸びた黒髪をつかんで持ち上げる。
あんたが僕によくしてたのと、逆だな。
青白い頬、半開きの瞳。
ざまぁないね。






口づけするとまだ生暖かった。

鉄さびの味がして、既に少し生臭くて、




だけど急に、


自信が持てなくなった。

あんたを、愛していなかったことに。


-------
最後の一文だけは、デュラス『愛人』のラストシーンのパクリ…。
PR