忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私的宮原くん設定

宮原くんについて、勝手に妄想をたれながしてみました。


にっこり自然体だけど、どっかがすごく覚めてる感じの子を想定しちゃってます。
原作で何歳くらいの時に両親が再婚したのかがイマイチわからないのですが、とにかく周りで起きた環境の変化を受け容れて、まあ、仕方ないねっていう感じで、場合によっては母親さえも支えるような気持ちでいて、早い内に子供でいる時代が終わった子。

性格も穏やかで、気分のむらもなく安定している。
だけどそれだけに、本当に弱い部分は誰にも見せようとしないし、辛いときは色々抱え込むタイプ。すごく我慢強く、本人も辛いという気持ちをさほど意識しないで押さえ込むことが出来るのだが、気づかないうちにストレスがためてしまい、時折それが微妙に行動に表れてしまったり、ということもあるかもしれない。
人に対して、さり気なくフォローするような接し方が出来る反面、良くも悪くも適度な距離をおいてあまり踏み込まないようにする傾向がある。

バランスのいい感じの頭のよさをもっていて、黙って本を与えておけば黙々と読んじゃう。
どちらかというと理系よりで、天文関係の研究職に進むというイメージが(シン・スンシですね)ある。



亘には、押しつけがましくないお兄さん的なポジションで接しそう。でもそれは亘の方が人に素直に弱みを見せられるオープンさがあるから。亘は宮原のことを尊敬すると同時に一緒にいて単純に楽しい。宮原は亘の何だかあったかい感じに人として惹かれてるし、更には亘が人を無条件に信じようとするようなところにちょっと憧れる気持ちもある。
お互いに自分にない長所を認め合い、「いいやつだな」と思ってる。

美鶴とはすごく話題も合うし、勉強もスポーツも実力伯仲、一緒にいて楽しい友達No.1くらいに思ってる。その反面、競争心がある。仲はいいけど、どこかで腹の探り合いをしてたり、互いに弱みを見せまいと牽制し合ってる。特に美鶴の方がそう思ってて、宮原はそれに気づいているので敢えて踏み込まないという面もある。そのくせ、互いにすごく気にしている。
きっかけがあればがーっと近くなるが、ちょっとしたことでこじれて衝突したりしそうな緊張感のある友人関係。

カッちゃんとは、やはり互いに認め合ってる感じかな。カッちゃんは独自の価値観で生きているので、宮原に対して、亘みたいにちょっとコンプレックスと尊敬まじりの眼差しもないだろうし、美鶴みたいに直接張り合う感覚もないはず。あまり深い話はしないが、生活が変わっても、一番気さくに長いつきあいが出来るタイプの友人同士。

とまあ、妄想はこのくらいで。


PR