忍者ブログ

汚れた手

汚れた手(キルビス妄想)

あんたがあの子を追いかけるの、なんでだか知ってるよ。
自分にないものを埋めてくれるような気がするんだろ。

ほら、またそういう風に笑う。
目を合わせずに、口の端だけ微かにゆがめるように

馬鹿な子だね。
汚れていない手なぞないって、何度いったらわかるんだい?

ほらご覧。
例えば、あんたとあたし。
さして変わりないだろ。

みんな同じさ。


…ダメなのかい?


どうして、あの子が特別なんて思うのさ。
そんなにまぶしそうな目をして。

え、ババァにはわからないって?
言うね…。



(まあ、その通りかもしれないわさ)


何?

寂しいのかい?



(気まぐれに、長い髪をたぐりよせた。
その気になれば速攻かわせるくせに、平気でなされるままになってる。
見かけばかり少女のような頬をして、ひどく冷めた流し目で俺を一瞥。
あり得ねえこいつ。
ババァのくせに。

至近距離に唇。
思わず顔を背けた。

甘ったるい香りがした。
男のとは違う。

急に、ゴンの傍らにいた華奢な影を思い出した。
幼なじみとかいってたっけ?
背格好が似てるんだ。)




だめだね、あんた。
あしらいってものをわかっちゃいない。

自分から誘っておいて、急に手を引くもんじゃないよ。


斜め横顔で考え込んでる。
額をこづいたら、黙ってなされるがまま。


これだから、あんたってやつは。




【言い訳】

ビスケの口調、ちょっとうまく出来てるか怪しいです…。
今、彼女の出てる巻が手元に無いんで。
PR