忍者ブログ

ghetto

ゲットー

母さんは掃除婦、父さんは失業中。
でかい集合団地のあるクソみたいな街で育った。
国が作ったゴミため場だ。クズはここに居ろってさ。
急行も止まらない俺たちの街はパリへの玄関、足拭きマット。

娯楽?ショッピングセンターとマクドかな。
それもうちからじゃバスで20分。
学校出たって仕事無い。親父見てそれは知ってる。だからまるで行く気無し。

昨日無賃乗車したら、駅で警備員に捕まってボコられた。
俺がアラブ系だから、いかにもラップばっか聞いてそうな面してるから?
どこへいってもポリスが寄ってくる。
俺が尋問されてる横で肌の白い奴らは素通り、捕まっても無罪放免だ。
最近は特に最悪。サ○コジ(大臣の名)のバカが警察大動員、アラブやアフリカンを軒並み逮捕。
もうキレそう。マジ石投げたい。

こないだ、隣町で俺みたいなガキが二人死んだ。
アフリカだかトルコ系だったか、とにかく郊外育ちの。
警察に追われて逃げ込んだ先が発電所、そこで感電死したってさ。

(いや、実は警察に追われてなんていなかったのに勝手にびびって逃げたとも聞いた。
ほんとのことなんてわかんねえ。つうか、そんなのどーでもいい。)


さっき、サイードから携帯に電話あった。
これから学校と交番に火炎瓶投げに行くから、お前も来いという。
仲間集めて、遅ればせながら弔い合戦。会った事も無いそのガキのために。



会った事無いけど、多分運命は同じだ。
俺もあいつらもアッラーの子だから。

キリストも学校も金持ちどもの味方だけど、イスラムだけはきっと貧者のもの。
何故か俺にはそんな気がしてならない。
(だって俺の周りのムスリムは、どいつもこいつもみんな貧乏。)

でも俺はコーランが読めない。誰も教えてくれなかった。
父さんも母さんもアラブだけど、俺はフランスで育ったから。
親の故郷?行った事あるわけ無いじゃん。
うちはバカンスにだって行けねぇんだ。


この街だけだ。これがフィールド。
生まれたときからずっと、多分死ぬまでここが、
俺の戦場。


そして今夜、始まる。

俺たちの聖戦(ジハード)が。
PR