忍者ブログ

爬虫類とフクロウのいるカフェに行きました

懐かしい方々と集まって、爬虫類とフクロウのいるカフェを目指しました。
本命は爬虫類だったんですが、今回行ったところはフクロウの方が多めなカフェでした。
蛇を抱いたりすることもできました!同行の方々の中には首に巻いてみる勇者も。
(苦手な方もおられるかもなので写真は控えます)

フクロウをなでたら嫌そうにされながらも、じっと耐えてくれました。最後に逃げられたけど。


stroking an owl from sakiok on Vimeo.






PR

2月があっと言う間に、そして一年もあっと言う間に。

2月があっと言う間に過ぎていって驚いてます。
仕事がいそがしかったというのもあり、なんか気づいたらもう月末見えてきそうって感じ。
あと、ちょうど去年病気で入院してから一年が経って、ああもうそんなに経つんだって感慨に耽ったりしてました。

振り返ってみるとこの一年は、何だかドラマチックで、ちょっと二次創作は元気がなかったなあ、と思います。それでもエヴァの二次小説とか、一番キツかったときに仕上げていて、何とか終わらせてるから自分頑張ったなと思ったり。

余り詳しいことを書かない方がいいのだとは思いますが、セクシュアリティのことも含め、このサイトが自分にとって避難所だったというのはあるので、部分的に書いてしまいます。何かそういう気分になってしまった。

ちょっとつらかったです



前回、職場にもどって元気にしているような記事を書きましたが、実はちょっと嘘でした。
本当はあと一回手術する必要があって、その準備のために復帰してたのでした。
今回また休暇を取って、こないだお腹を切りました。二時間くらいで無事済みました。
今はもう退院してます。

病院に十日近くもいて、点滴やら痛み止めの管やら尿管やらにつながれていたとき、エンビたんのことはわりとよく思い出しました。

元気なエンビたん。死なないからだの頑丈ないきもの。
なのに、なぜかエンビたんは病院の風景が似合う気がします。
病院のださいパジャマを着て、点滴スタンドをがらがらと押しながらだるそうに歩き回っていそうです。そしてすれ違うと消毒液の匂いがするのです。
そして誰も面会に来ない日にはレイプ目でリア充患者達を(以下略


まあ妄想はこのくらいにして。
絵を描いたら元気が出たのでがんばります。

あ、ちなみに退院後の体調はとてもよいです。とりあえずまだドクターストップなのでのんびりやすんでます。
みなさんもおからだおだいじに。

日記を移転しました

これまで日記はseesaaブログを使っていたのですが、前回記事を書いたときから、勝手に数秒間隔でリロードを繰り返すようになってしまいました。
解決を試みたのですがどうもうまくいかなかったので、shinobiブログに移転することにしました。
【後記】原因わかりました。seesaaブログのせいではなく、ついったーのつぶやき表示のためつかっていたプラグインが犯人でした。しかしいつから何故そうなったのかは不明です。そういうわけで犯人扱いしてseesaaにはごめんなさいです。しかし後に書く理由で移転はする気でいたのでこのままにします。

来て頂いた方には、閲覧の途中でリロードはいってトップに飛ばされてしまったりブラウザに負荷がかかったりと、ご不便をおかけしたと思います。申し訳ございません。

…まあもともと、seesaaブログは最近、性別と誕生日、既婚・未婚を入力しなければサービス制限するだのうるさくなってたので、移転しようとしてダラダラしてたというのがあったのですがw
だからいい機会になってしまいました。


seesaaブログがそういう情報を集め出したのは「サービス向上」だの掲載する広告に目星を付けるためなのでしょうが、しかし、私は中途半端なデータ収集でピントのぼけた広告を送りつけられるのが嫌いなのです。
今まで、肉体の性別と既婚・未婚だけで判断されて役立つ広告を提供してくれたサービスはほぼ皆無でした。
どうせやるなら性指向(ビアン、ゲイ、バイ、その他)や趣味(同人やってるとかやってないとか)、学歴、居住地まで全部書かせてからそれ向けのサービスするとかやってほしいです
または、グーグルみたいにブログのキーワード全部解析して広告送りつけてくるくらいするなら認めるかなと思います。グーグルのあのやり方はえげつないからやだけど、ホントに欲しいモノがくるから拒否しづらいw

さもなくば、もう何も訊かないで欲しいです。

ってわけで、ありがとうseesaaブログ。そしてさよなら。

サイト更新など

ちょっと久しぶりに小説をうpりました。
前に日記でもふれたグリエン現パロ3系列のうちのひとつなんだけど…そうはみえない……かもυ
うちでは珍しい腹の中組でてきます。
えらいシリアスでいろいろつじつまあわせに設定を変えてるので、「エンヴィーやグリード、エドワードの顔をした俳優が演じた映画」くらいの気持ちで考えた方がいいかもしれない(←
しばらくまったり連載します。

pistol.jpg
エンビたん銃のお手入れしてたり、手に入れたばっかりでよくわかってなかったりしたらカワイイ

(↑脚のバランスがおかしいのは変身でのばしてるからということで…)

連休しあわせです

ひさしぶりにかなりのんびり過ごしててしあわせです。

らくがきしたので載せておきます。なんか違和感のある感じの絵だけど、厚塗りらくがきたのしいです。

こういう顔した人形いそうだな…と思いながら描いてました。

今日、マギみました。これからが楽しみです。毎週日曜日が熱い。
ついでにいえば鋼のあった時間帯だし、魔法ものなんで、なんか懐かしい習慣が蘇ったようでうれしいです。
それに、実際の世界史では中東の錬金術が西洋に伝わって16世紀頃錬金術大ブームになったという事実があるので、勝手に妄想設定でつなげて考えたりする悦びもある………かもしれない(←

あと、全然斜め上の感想ですが、見てて思ったのは、エンヴィーと同程度に中性的なキャラってなかなかいないもんだなということ。体格的にはアリババと同じくらいだし、ジュダルとも似てるんでしょうけど、でもこの二人は男の子っぽいよなあと(いや作者もそのつもりなんだろうけど)。
エンビたんってば、あの口調とかどうにもならないコスチュームとか、よくもまああんなに絶妙的にどちらでもない存在であったものだ。そんなことを改めてあれこれ考えた午後でした。

グリエン現パロ

なんか妄想った。
(支部画像有)


わたし妄想ひどいので、現パロでグリエンは三系列くらいあります。しかしどれもグリエンですっきりいかずグチャグチャ系…

1.エドエン&エンウィン前提グリエン
舞台は日本だったり欧米だったり
エンヴィーはピュアな恋愛感情をエドに向けるがエドはウィンリーが好き。
だから手近にいたグリードとしてしまいそのうち好きになる(グリードの浮気癖は治らず)。
もしくはグリードとセフレだけどエンビは延々とエドが好き。
Dr.マルコー(化学教師かなにか)の姿も見え隠れする。
突発現パロ妄想はだいたいこれ。

2.グリエン前提エドエン&リンエンもの 
舞台はアメリカ
グリードはギャングあがりの軍人で義兄、行方不明設定、エドはエンヴィーの異母弟、リンはチャイナタウン在住の移民子弟でエンヴィーのドラッグ売買仲間、グリエンのあとエンビ→エドだけど肉体関係はリン×エン(リバ)。
死ネタ、自殺ネタ、ジャンキーネタ、近親姦ありのシリアス長編(ウワー)で実は長い未発表二次小説がある。エンヴィーのトラウマ度MAX、まともな恋愛はなし!
(※補足:兄弟関係間違えていたので訂正しました。スイマセン)

3.グリエン&エドウィン前提エンウィンもの 
舞台は日本でグリードはエンビの過去の人、ウィンリーはエドにふられている(エドウィン派の方ゴメンなさい)。
エンヴィーは一年ダブってて転校生、今男子高生として暮らしてるが前の学校ではどうも女子高生だったらしいということが次第にわかってくる。グリードはその過去に関わる。

何か色々……もつれすぎww自分最低wwww

お詫びとごあいさつ

こんばんは。
すごくお久しぶりです。日があいてしまって済みません…
そして、非常に時間がたってしまいましたが、ハンタオンリ(9/16)では予告しておきながらスペースを出すことがかなわず大変失礼しました。
もともと私はオフの事情で東京にいない予定であったのですが、合同スペとして参加を予定していたオモチャ箱さんの方にやむをえない事情があり急遽取りやめとなりました。
私の方は既刊のみの取り扱いでしたので、このブログをご覧になってスペースを探してくださった方がおられたかはわかりませんが、この場を借りてお詫び申し上げます。。

もう9月が終わりましたね。
何かあっという間でした。この一ヶ月、オフが非常に忙しく、それもあちこちに行っていたので自宅にはほとんどまともに住んでいませんでした。こういうことも珍しくて、さすがに10月は一転して、居住地で普通に働いて土日休めそうなのでうれしいです。もう移動疲れた。気づくとスーツケースの車輪の一つがすり減ってなくなってて(車輪のゴムの部分がなくなって芯?だけになるんです)、あー自分動き回ったなって思いました。右利きなんですが、2,3年使うと、いつも決まった車輪がこういうふうに潰れます。まあ、いつも遅刻しそうになって乱暴に扱ってるし、そもそも安物だからそうなるのかもだけど。

今日はちょっと解放されたんで、定時に帰って家にいなかった間のハンタ録画したのを見ました。
遅れまくってて、まだウヴォーが生きててキルアの出番はあまりない回なんですけど、なにげにフェイタンの出番が多い気がして嬉しいです。山口フェイタン私は全然違和感なくて、エンビたんがみなみさんでよかった!と思ったのと同じくらいうれしい(´ω`*)

まあそんなとこで。まただらだら漫画とか小説とか書いていきたいです。

ハンタオンリ

9月16日のCLIMAX HUNT 5に、オモチャ箱さんと合同スペースで、既刊を置かせて頂く予定です。オモチャ箱さんよろしくお願いします。



ゴンキルプチオンリーもあるようで、今年は本当にアニメ化の勢いが感じられる盛り上がりですね!
当日は会場にはいけないのですが、心から応援しています。

現パロでエンビたんについて考えてると

仕事で肉体はあちこち行っているので、頭の中だけで二次創作活動をする日々が続いていて結構苦しいです。
ついでにアニメもあまり見れないので、実際に訪れたりする街の風景を使って妄想をしたり(というか自分くらいのレベルになると勝手に頭に降ってくるというか)してます。
結構移動してるので、色々な場所の妄想が増えていって楽しいです。

で、現パロ妄想になるんですが。
何となくこの数日の勢いで鋼のエンヴィーとか、エドとか、リンとか、ウィンリィとか出てきます。
それは日常の、ささやかな(電波の入った)楽しみです。

しかし、それにつけても驚くのは、エンビたん関連の妄想のバッドエンドぶりで。
色々な相手で手を変え品を変え、エロやら街角デートやらただの友情物語やら、妄想してみてるんですが、ちょっと気を抜くと突然死んだりする展開が頭に浮かんできて困ってます。

恐らくは私が原作に囚われすぎてるせいなんでしょうが、なんかこのひと、愛されすぎると死にそうで、こわいんですよね。
ツンツンしてたり、身体だけの爛れた関係を結んで相手とののしりあってたりする間は元気なんだけど、ちょっと幸せムードになると、何故か次の日にどっかから飛び降りたり、何かの錠剤を飲み過ぎたりしてそうな気がしてきてしまうのです。
または、それをクリアして生き延びても「何もかも驚くほどうまくいっていたある日、世話をしてた猫を追いかけてうっかり車道に飛び出してしまい、車が…」とかいう展開が頭に浮かんで慌てて止めたりしてます。
エンビたん(頭の中で)生きて欲しい…。

やっぱりお父様と地下で暮らしてるのが一番安全なのだろうか。
いや、ただの妄想の話なんですけど。