忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

咎人たち

前半はエドウィンぽく(何だかいろいろごめんなさい)
後半は…カテゴリーの通りにエンビとエドで

前を向いて行こうと誓う傍らで
消せなかった思いがある

苦しいとき弱くなったとき
ひたひたと忍び寄る
気持ち


俺は咎人 そして人には怪物と呼ばれる


だから

そんなふうに泣いてくれなくていいんだよ





お前は俺には 少し

眩しい





(赦されることの苦しさ)








ホムンクルスが 嗤う


スケール違うよ
そんなチンケなことでさあ

あんたがどう頑張ったって所詮人間 どのみち矮小

きれいにもなれず
堕ちきることも出来ないのさ

中途半端な煉獄の沼 ぬるい後悔と孤独の中
せいぜい無駄に のたうち回ればいい


這い上がりそうになったら引きずり堕として
気の済むまで 存分に相手をしてやるよ


浅瀬で溺れる馬鹿を見るのは大好きさ











(…知ってるか 虫けら)

(もっと深い場所がある)




(お前には辿り着けない領域)





(軽蔑 憎悪 怨嗟 嫉妬)

(数世紀をかけ降り積もった 想い)





(この深みには絶対 下りてくることは出来ない)

(出来るはずはない)

(…お前になんか)






(それはもはや 同胞にすらわかり得ない)




(絶対零度の 孤独)













確かにそいつはとんでもなくて
絶対に赦しがたくて
救いがたくて


だからこそ迷いがなくて

見ているこっちが




苦しくなった




PR