忍者ブログ

Tanzen

踊った
あの日みたいに
二人で

音楽が突き刺ささって
僕を内側から揺り動かす

うまくなったね、と君が耳元に叫ぶ
僕は聞こえない振りをした

いつだってそうだ、君は
僕を少し子供だと思って




さっき部屋でいわれた事に
別に傷ついたりなんてしてない



僕と君は別々の国に住んでて
ときどき遊びにくる僕を君が笑顔で迎えて
食事して、セックスして、週末街にくりだして
遊び疲れた頃に空港でお別れのキス

いつものこと
そろそろ慣れてきたパターン



わかってる

僕の居ない間、君には君の生活がある




たとえその間に
君が誰かと笑ってても、そうでなくても、
僕には関係ない
それは僕に僕の生活があるのと同じ

全て納得ずくでやっていること
問題ない


そう言ってるだろ
君が望んだ台詞だったはずだ



なのにどうして、そう気遣うような顔で笑うの




目と目が合った
昔は君の方が背が高かったけど、今は同じくらいの位置に視線


君が先に目を反らしたから、腕をつかんで引き寄せた

間近に頬、触れる肩と胸
吐息



また、
遠い日を思い出してしまった
PR