忍者ブログ




偶然すれ違った

俺は交差点の向こう側、信号を待ってた。
あいつはふらっと歩いてた。まるでいつもみたいに。
通り過ぎる車のヘッドライトの人工的な黄や白に時折照らされて、俺に気づかず、闇を漂うように。


目の前を暗い色した乗用車が通って、止まる。
あいつに何か話しかけてる。
薄暗くて表情は見えない。声も聞こえない。


俺には関係の無い事だ。
だけど、足が動かない。立ち止まったまま、目が離せない。


そのとき、
また車がきた。
闇夜にひときわ明るい光の中、銀髪が浮かび上がる。
目が合った。
微笑んでる。
俺は弾かれたように目を反らしうつむいた。


視界に薄暗いアスファルト。
ドアが閉まる音、くぐもったエンジン音、排気ガスの香り。

顔を上げると俺はまた一人で立ってて、信号は変わってた。
PR