忍者ブログ

聖=性なる傷

性愛と人生の関係について考えるにあたり、12−15歳はとりわけ魔の年齢だと思う。
それより前に起こる性体験はほぼ間違いなく、たとえ本人がその時は明確に拒絶を表明していなくても、基本的にはいわゆる暴力の物語、つまり性的虐待の物語となってしまうし、本人の人生に破壊的な作用をもたらす可能性が非常に高い。
逆に16−17歳を超えるあたりから、つまり高校生になると、よほど不幸で無理強いされるような体験でない限り、それは基本的には愛や快楽の物語となる。
そして18歳以上ならば、あとはもう、普通の大人の恋愛と同じだ。

だが、12−15歳の子供の場合、それは愛・快楽と暴力・トラウマの境目を曖昧に行き来する体験となることが多いように感じる。
彼らは何があっても、一見「持ちこたえる」ようにみえる。
だが、普通の大人が受けるのとは比較にならないような大きな影響を彼女・彼はその体験から受ける。

榎本ナリコは以前、「反コギト」という作品で中学生と中年作家の物語を描いた。これはほぼ実話であるという。あるインタビューで彼女は、若い頃、ものすごく年の離れた人を好きだったと述べた。中学生の時に出会い、その後も継続して、恐らくは性的な関係込みで関わり続けた。その結果、「男と女ではなく、対等な人間であったように感じて」いたのだという(『大人は分かってくれない』より)。

この文章を読んだとき、「わたしは19歳で年老いた」といったフランスの作家、M.デュラスを思い出した。デュラスはやはり15歳の時、30歳くらいの富裕な中国人男性の愛人であった。その体験は非常に早く彼女を大人にした。
榎本もデュラスも、長じてから肯定的にその体験を捉えており、特別な体験だと語っていた。だが、恐らく特別すぎたのだろう。それはほとんど、ある種の傷痕のように、彼女たちの精神世界に消えない痕跡を残しているように見える。ごく普通の「過去の恋愛」が残す甘さや苦さとはどこか異質で、決定的な一撃を。

第三者の立場からそう感じてしまうのは、彼女たちが共に何度も何度も、殆ど執拗といえるまでに、その体験を創作という形に昇華し、反復し続けていたようにみえるからだ。

たとえば榎本の「反コギト」は明確な自叙伝であるし、その他にも中年男性と少女の組み合わせを描く話が彼女には少なくない。更に極端な見方をすれば、少年少女の性愛を多く描いた『センチメントの季節』全体がうっすらとその過去の体験を通底音としているようにみえなくもない。
デュラスに至っては、生涯のうちに三度もその中国人との話を小説化している。少しずつ、少女と男の設定をずらしながら。中年期の作品は「愛人 ラマン」として映画化され、最後の作品は最晩年に書かれた。
(なお、デュラスの場合は、母親が暴力を振るう人であり、中国男との関係を黙認して金を巻き上げるようなところがあったし、兄は明らかに暴力的で性的ないやがらせをする人物だったようだ。デュラスの故郷のフランスに戻ってからの売春まがいの行動や、実弟との近親相姦的関係など破天荒な行動は、その後も続いた強いストレスの存在を示唆している。)

この10代のうちに性的な体験により受けた傷、そういうものが現れた作品に私は強く反応してしまう。

中学生にあたるこの時代、自分と世界は渾然一体となっているようなところがある。自我は目覚めているが、「他人は他人」という形で受け過ごせない。
その時代に体験した性というものは、おそらく世界の見え方そのものに影響するような体験である。

それは破壊的な作用をその人の人生全体に及ぼすことがある。だけど本人の意図とその後の環境によっては聖なる傷といえる何かになることもあり、それを成し遂げた人の作品に私は惹かれるのだ。

また、それはまるで傷の付いたレコードが同じ場所を繰り返すように、奇妙に反復する主題としてその後の人生に訪れる。
この現象にも私は惹き付けられて止まない。



(なんか語ってしまいました。実は、ちょっと前に書いた文章なんですけど。)
PR

あらためて自分の萌え精神分析してしまた

出張先でグッタリしながら入ったカフェの側にドラッグストアがあったので、見たらカヲルキュンがほほえんでいました。人類爽快計画の目薬です。
http://www.santefx.jp/product.html
なので買いましたよ!

エヴァ映画楽しみです。ときどき仕事で都会にくることがあると、電車の中でQのCMかかってるのがみれたりしてうれしい。カヲルキュンがピアノ弾きながら疲れて薄汚れたこの中年にもほほえみかけてくれる。至福。

それはそうと最近、マギにけっこうはまってしまって、漫画読んだりアニメ楽しんだりしてて気づいたんですけど、エヴァにはまりはじめたころから比べても、昔から今までずっと、自分の萌えってパターンがあるみたい。
いまんとこジュダルちゃんに単体萌えしてて、大きいマギかわいい性的すぎるとかいいながら、攻受さえ不定で何も深まってない段階なんですけど、それでもあることに気づいたんです。

私は結局、カヲルのときエンビたんのときとも、更にはキルアや芦川美鶴、そしてフェイタンまで考えても、共通するある人格パターンに反応しつづけているのではないか。

それは何かというと、「運命に人生を縛られる葛藤を生きていて、かつ外見に性別越境要素がある個人」というもの。

たとえば、カヲルはゼーレを抜きにした人生が存在せず、外見はとても中性的。また、ジェンダーは男性だけど、レイと同じだとしたら生殖能力は多分ない。

エンヴィーはお父様の「計画」と一体化した性別不明のホムンクルス。恐らくは「両性具有のなり損ない」であろうと思われるけど不明。

キルアは暗殺一家に生まれるという血筋に縛られ葛藤する少年(更には最近兄弟とのしがらみも…)。ジェンダーはクリアだけどものの考え方に中性的なところはある。

芦川美鶴は父親が自殺した犯罪者で人生がそれにゆがめられたという美少年。とりあえず外見女子なみにカワイイ。

フェイタンは蜘蛛という組織と人生が一体化してる。積極的に自分でそれを選んでるという点で他のキャラ達とは異なるが、捨て子であったとおぼしき生い立ちなど、過酷な背景を妄想させる。ジェンダーにゆらぎはないが、外見は中性的。

ジュダルは赤ちゃんの頃に誘拐されて、やはりとある組織の人間として育てられた人。身長はこの中では一番でかく、迷いなく男性的だけど、装いが性別越境的である(女性の踊り子の服を着て、髪を伸ばし、アイシャドウを付けている)。
まあジュダルの場合、性別越境性に特に深い意味は無く、シャーマン系のキャラだからだろうけど。シャーマンはどの文化圏でも性別越境した振る舞いや装いをすることが多い。

運命と性。いわば、ごく平均的な、という意味での「ふつうの人間」であることから二重の意味で距離を取った個人というものに、エロスを感じてしまう感覚があるようです。

そういうわけできょうも、同じ所をぐるぐるまわっていますよ。ぬけだせない。

ヤヲイ的な関係性萌えと男性ヲタに多い俺嫁的な萌えとの違いについて

最近ついったーでぶつぶつつぶやくくせがついて見事にブログがお留守に…(汗

いけないわってのと、また例によってごちゃごちゃ考えたのでちょっと書きたい事書いておきます。
テーマは、ヤヲイ的な関係性萌えと比べると、キャラに対する俺嫁的な萌えっていうのはこう違うよねえ、という今更だけど改めて思ったことについてなど。
あと、夢小説における自分×キャラと俺嫁萌えとの違いについてもちらっと考えてみました。

電波な感じに長いです。すいません。

中性的身体への夢?

結局、一度は起きたものの、微妙な体調だったので午前中寝倒してしまい、用事はキャンセル…。
しかしおかげですっかり元気になりました&おうちでだらだら遊んじゃってますよ。
半端な体調不良って、何か罪悪感があります(笑

部屋の掃除とか二次創作とかもやってますが、実は二、三週間前から、つい懐かしさのあまり妙なものにはまってたので、それもやってます。ちまちまだらだらと空いた時間に…。

カリフォルニア

明日の準備やべえ!と思いながらネサフしてしまい…偶然切ないものを見たので(さっきうpった記事との関連もあり)


うちの日記でもこの記事で取り上げたことがある、カリフォルニア州の「反同性婚」条例案投票について。
結局、だめだったみたいですね。同性婚反対派が勝った。
一度OKになって、既に二万組近くが結婚してたようですが、ひっくり返りました。

投票の結果に落胆する人々の写真
http://fr.news.yahoo.com/64/20081106/img/pwl-la-californie-bannit-le-7cc5f935487d.html
(何故か仏語圏のサイトでスイマセン)

流石アメリカ。大統領の件といい、あらゆる意味で動きが急というか、政治がダイナミックすぎる。

夜中のつぶやきでした。

「追補:教育と同性愛」に関連して

この二つ前の記事「追補:教育と同性愛」に頂いたコメントに返事しようとしたんですが、何故かsensaaブログが気まぐれを起こし、エラー連発で投稿できません…(ときどきこういうことが起きます(涙))。ちょっと今の予定的に機嫌が直るまで待てないので、記事の形で投稿いたします。すみませんがご了承下さい。
もともと結構長いし、書いている内に、頂いたコメントの直接的な答えというより持論の展開になってるので、その方が違和感ないかも知れません。

そういうわけで、コメントを下さった皆様、ありがとうございました~!!

追補:教育と同性愛

ハッピーハロウィーンv(一日遅いよ)

…って記事と関係ない始まりですがw

えー、本題です。
以前、「女性向け同人と恥」関連で書いた記事でいただいたコメントがらみの議論の中で、「BLを教育の中でどう扱うか」というトピックがありました。
そこから派生して、「そもそも同性愛自体を教育で教えるべきだろう」という話になっていったんですが、関連する話を今日偶然目にしたのでご参考までに記事にしておきます。

東京メトロポリタン ゲイフォーラム(TMGF)という非営利組織があるのですが、そこが今、各政党を対象に政策アンケートを行っていて、その中に「今後、学校教育の中で同性愛をどう扱うべきか」についての質問項目があるようです。