忍者ブログ

物知りキャラと天然キャラ

二次創作やってて思いました。自分にとって扱いやすいのってやっぱ物知り系のキャラだなあって。物語の鍵を握ってたり、百科事典みたいな知識を疲労したり、みたいな。具体的なキャラでいうならハンタのキルアとか、庵野エヴァのカヲルとか。
逆にむずいのが天然系の、それもほどほどにものを「知らない」キャラ。例えばゴンとか、貞本エヴァのカヲルとか。
例え二次創作でも、書き手ってその作品世界の神様じゃないですか。だから「ものを知ってる」系のキャラは単に素直に知識を披露しちゃえばいいわけですよね。それってあまり考えずにやれると思うんですよ。

対して、「知らない」キャラの場合はあらかじめ設定を考える必要みたいなのが出て来て、これがけっこう面倒くさいし難しい。つまり、「どの分野をどのくらい知らないのか」「どういう場面でどのくらい考えずに動くか」の基準をある程度想定しないと、あとで矛盾してきたりするから…。

でもまだゴンはいいんです。原作のデータが多いからなんとなく計算出来る(ただしゴンの魅力は基本的に余人の計算の及ばない行動をするところで、その「計算の及ばない行動」を書き手として計算しなければならないという苦しさは常につきまとうんですけど)。
あと、原作者によるゴンの設定って私にとってはすごく整合性があるというか、「なるほど」と納得出来る一貫性があるんです。

対して辛いのは貞カヲル。っていうのも、私、原作での彼の「知らなさ」ぶりにうまく一貫性を見いだす事が出来ないんですよ。多分データが足りないからだろうけど。

一番困るしわからないのは「あんなに会話口調で日本語しゃべれて、よく雑誌読んだりテレビみたりしてるくせに、どうして性的な知識だけが異様に欠けているの?」ということ。

日本語…うまいですしね。人間の場合、外国で育ってかつああいう口調で喋るためには誰か教育係みたいにつきっきりで話し相手をしてくれる人が必要になりますよね。一人で研究所で習得したとしても、何か映画とかテレビ番組とか相当見ないとならない。で、いずれにせよ恋愛や性の問題を一切触れず理解もしないままあんなふうになれるのか?という疑問がわいてくる。

庵カヲルみたいな喋り方の方がまだしも「外国語として先生から日本語を学びました」って感じがするので、社会的、性的な知識が無いのなら、むしろ彼みたいな方が説得力ある。

もちろん使徒だから言語習得に苦労なんて無いんだ!と考えることもできますが、だとしたらその脅威の学習能力がありながら、何故性に関する知識だけあんなにダメなんだ?という疑問が出て来る…。
一つの仮説として、彼には性別がないからどうしても性の概念が理解出来ない(例えば赤と緑色盲の人がそれぞれの色を区別出来ないみたいに)という可能性も考えられますが…

しかしそれならば漫画の中で、

カヲ「僕、実は性別ないからさ。ほら。」
シンジ「うわっ…!馬鹿、何す……え…あ、あれっ?!」

みたいなやりとりが欲しいw(←死
PR