忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HxH映画「緋色の幻影」感想

ハンタ映画「緋色の幻影」みてきました。


前評判がさんざんなことになってて期待してなかったんですが、いや、よかったよ!
もちろん難を言えば、尺が足りないから色々詰め込んでオールスター競演的になる展開とか、台詞が説明過ぎるところとか気になるところはありました。また、念能力の設定や技の組み合わせなど、ゲーム設定的整合性が気になる人が不満というのはあるかもしれない。
あと、予想以上にゴンとキルアの絡みが濃厚だったので、腐フォビアの人が反応してるのかも?とも。

でも、背景にあるテーマがとてもしっかりしていた。特に「人形」というキーワードでキャラ個々の背景と物語り全体を結びつけてみせる手腕はなかなかのものでした。

以下、色々感想含めて語ります。ネタバレなのでご注意下さい。

PR

ハンタ+仕事中にうっかり見つけた

土日帰ってきてから色々と遅れています…。

全然関係ない話題から一つ。昨日偶然アマゾンで見つけた。

やばい。これは普通にかわいい初音ミク画。
http://www.amazon.co.jp/gp/customer-media/product-gallery/B001BOBYO0/ref=cm_ciu_pdp_images_2?ie=UTF8&index=2

いわゆる萌え系の絵だと微妙に守備範囲からずれるんだけど、クール系つり目度が高くなると途端に引き寄せられちゃう悲しい性。
しかもこの髪の色、まるで綾波。この髪の長さ、まるでエンビ(もっと長いか)。


ところで昨日ハンタよみました。

今週号のハンタ

読んでいたのですが、何だか慌ただしくて感想今日になってしまいました。
(前回の記事からの日にちのあきっぷりも甚だしい)

いやー、月曜にWJ読んだのでそろそろ興奮が少し冷めてきましたが…ハンタ…す ご か っ た!


以下、ネタバレモロ有りで隠します。

ハンタ24巻

ハンタ24巻読みました。以下、ネタバレにならない程度にまた感想です。
いやー、初めて読む回も結構あったんで、普通に楽しかった。お腹いっぱいw
ゴンキルがいいのはもう言うまでもないとして…
改めて思うに、数百万の民衆が動く一つの国の中、6-7人の超人(正確にはキメラアント)が守ってるアジトを主人公側数名で攻略するっつう、これまたありえない設定をある種のリアリティをもって描き出すという手腕、やっぱすごいですわ。