忍者ブログ

毛穴からしみこんでしまいたかった

昔に書いた雑文です。いろいろダメな感じですが、個人的にすきなのでうpっておきます。



1.
うしろからえんびたんをぎゅーとだきしめると、もぞもぞしながら、うふふとわらってくれました
黒いかみのけがふわっといいにおいがして、そのまま鼻を埋めてくんかくんかしました
えんびたんの頭皮のにおいがだいすきだと思いました
このままからだが溶けて、えんびたんの毛穴からしみこんでしまえればいいのに

するとカワイイ声がいいました
かくしたってだめだよ、知ってるんだから
あんたがどうしようもないヘンタイだってこと

ぼくはしあわせでした


2.
それからしばらくして、ぼくはころされてしまいました
えんびたんがヘンタイにあきたからです
ぼくの死体はキメラのえさになり、食べ残しの骨は、きたないなあ、と文句をいいながら、えんびたんが野山にすてました

こうして、キメラのおなかのなかと、温かい土の中で、ぼくはゆっくりと分解されていったのです


3.
さらに時間がたって、ぼくのからだだったモノすべて、ばらばらになって、水や空気にまぎれていったときのことです
ぼくはもういなくなっていたので、しらないのですが、えんびたんのいた場所で、大きな爆発がたくさんあったそうです
たくさんの人が戦って、死んで、建物がたくさん壊れたのだそうです
爆発の熱い空気はたくさんのチリを高い空にまきあげて、そのあと雨がふりました

ぼくはほんとうに、ぜんぜんしらないことなのですが、実はそのとき、えんびたんも死んでいました
高等な生物であるホムンクルスはきたない死体なんて残しません
命つきるとすぐに、きめの細かいチリに分解して、空気に溶けてしまいます

こうして、えんびたんだったチリと、ぼくだった水は空気の中で出会うことができました
えんびたんの毛穴はもう存在しませんでしたが、チリと水とでひとつになって、雨となり、大地へと降りそそいだのでした



おしまい

PR