忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遅まきながら風と木の詩を読んだ

三日ほどかけて、風と木の詩を読破してしまいました…
(「遅まきながら」が最近多いですけどw)

…いや、すごい。重かった…
ぶっちゃけ、私は竹宮恵子を萩尾望都と比べて「やや軽めでエンターテイメント寄り」と捉えていたんだけど、ちょっと見方を変えた。

以下、ネタバレも含むんで隠します。 まず何よりも思ったんですが、この漫画がどうしていつも「同性愛モノ」もしくは「少年愛モノ」とだけ紹介されるんだろう。この話って、充分に「子供の虐待(特に性的虐待)」も主要テーマの一つだと思うんですけど…。つまり、根底にあるテーマは萩尾の『残酷な神が支配する』を先取りしてる。

『残酷な神…』との違いは、
・ジルベールの受けた虐待が小児の時から繰り返されたものであること(つまり事態はより深刻)
・当時これが発表された日本の時代的な空気のため、恐らくは竹宮氏自身「虐待」を扱っているという意識はなく(これは憶測ですが)、それを背景に織りなされる小児性愛的関係に少し酔ってしまっているように見受けられること。(ついでにいえば、世界的に70年代までは小児性愛はさほど罰されない傾向にあったので、これは別に作者への非難のつもりではありません。当時ならそれもムリはない、といいたい。)

ってあたり。

もちろん、同性愛(セルジュとジルベール)と小児性愛もしくは少年愛(ジルベールと彼に手を出した人たち)が話の多くを占めているし、重要で美しい描写も多いのは事実です。
でも、話の中で一番重く効いてくるのは、本人も虐待の被害者であったオーギュストが子供のジルベールを相手に虐待の連鎖をやり(最初は性的なものではない)、しかも、その支配関係を維持するためにあの手この手を用いてセルジュとジルの二人に干渉し続けたってことなんじゃないかと。(更にそこに19世紀末のパリという同性愛には不寛容な社会が追い打ちをかける。)


ジルベールが子供のくせに脅迫的なまでに性に取り憑かれていたり、虐待者であるにも関わらずオーギュストを追い求めたりするあたり、多少の誇張はあるとはいえ、こういう連続的な性的虐待環境に育った人としては…かなりリアルなところがある気がします。父親に幼児の頃から虐待されて育った少女が、保護された先の里親を誘惑しようして(他のコミュニケーションの仕方がわかってないので)問題を起こす、みたいな話を思い出しましたし。
あと、集団生活になじめないという描写のくだりは、(多少の違いはあれど)多動性障害とか高機能自閉症なんかの事例をちょっと思い出させた。実際に、自閉症児をお持ちのお母さんが「息子の反応にちょっと似てる」と書いておられるブログをさっき見つけました。
「こういう事が起きると、人間はこうなるんだよね」っていう概念がまともに成立してなかったはずの70年代~80年代初頭の日本でここまで描いて見せた。竹宮さん…人間観察力が半端じゃないです。すごい。
PR